公開直後のネットショッピングサイトで反応が起きない原因

ten0074

全世界には数え切れないぐらいの人がネットにアクセスしているのだから、ホームページを作ったら、商品は飛ぶように売れるはずと、最初は誰もが夢に描いてしまいます。
多くの企業や個人経営者がそうした夢と希望を持って、わくわくしながらホームページ制作会社に発注するか、自社で作成しています。

そして、ほとんどがホームページを公開した初日から、「せっかく作ったのに反応がない……」という現実に直面します。

スポンサーリンク

ネットショッピングサイトを公開したことにより起こる現実問題

普通の現実にある店舗の商売と違って、インターネット上で取引される買い物には、今まで考えもしなかったような問題に直面します。
リアル店舗の売上が増えないから、今波に乗っているネットショッピングサイトを作って、その問題を解決しようとしたら、「せっかく作ったのに反応がない……」という厳しい現実を知ってしまったのです。

この問題を抱えるようになったら、アクセスが無いならネット広告をすればいいと「広告費をたくさんかけて、人々に見てもらえるようになったのに、それでも物が売れない……」という新しい問題が出てきます。

そうなると今度は「広告の内容が悪かったのではないか?」などの新しい問題を抱えることになります。

このような問題はホームページを持ったばかりの頃、誰でも抱える問題であり、それはまるで迷路に入り込んだような感覚か、あるいは泥沼に落ちていくような不I快な感覚になります。

そうした状況に陥ると「自分は何か劣っているのではないか?」「自分には才能がないのではないか?」などと、自分自身を責める人や、反対に「自分は悪くないが、不況のせいだ」などと世の中を恨む人もいます。

インターネットに公開してすぐに商品/サービスが売れない、申し込みなどのアクションが起きない、などの問題には、必ず原因があります。
その原因を知りさえすれば、その解決の糸口がつかめます。
至極単純なのですが、こうした理由を探し、解決するというフローを実践していない企業が数多く存在します。
商品/サービスが予想したよりも売れない理由とは、何があるのでしょうか。

売り手主体の一方的な内容になっていませんか?

儲かるページを作るノウハウを解説する教材はインターネット上で数多く販売されています。
また、書店に行けば「儲かるホームページの作り方」と称する書籍は多く販売されています。

しかし、初心者向け、WEBに慣れたことが前提で語られた理論が中心となっているなど、あなたの置かれた状況に合ったノウハウを教えてくれるものは意外と少ないことに気付くと思います。
何よりも表面的なことだけを語り、お茶を濁すだけで自分の商材を販売しようとしている業者がほとんどです。
これにはがっかりすると思います。
もし、表面的な内容でも勉強になると喜んでいるようなら、まだまだ初心者以前の問題で勉強と経験が不足していると思ってください。

ネット通販のページで一番面白くないのは、売り手側の一方的な情報しか載っていない、ユーザーにとって非常に仕上がることがほとんどです

商品やサービスが、売れないネットショッピングサイトを作ってしまう原因

商売のノウハウを熟知して、対面販売では実績もある商売人でも、「売れないホームページを作ってしまう」という失敗をするのはなぜなのでしょうか?

ten0075

■原因①掲載内容が、売り手の一方的な情報になっている

ホームページを作るのに精一杯で、売り手の一方的な情報しか掲載していないホームページをよく見かけます。
時間的な余裕があれば、何とか読み手の立場に立った説明や、難しいことをわかりやすくするためにイラストや写真を掲載できるでしょうが、運営者がほかの仕事と兼務しているためページ作成をじっくりできないのが、実情ではないでしょうか。
このほかにも、次のようなことが考えられます。

・最低限の原稿を書くのに精一杯で、読んでも面白くない文章ばかりである

・写真を掲載するのに精一杯で、その写真自体が素人臭いものばかりである

・時間的な余裕がないので、読み手の立場に立って何度も検証/改善、推敲ができない

ホームページ運営を本来の仕事以外の雑務として捉えている、その意識こそが取り組む姿勢が甘くなる一番の原因では無いでしょうか。
だから多くの場合、ほかの仕事の片手間に行っていることがほとんどです。
これでネット通販の売上げを期待するなんて、虫が良すぎると思いませんか?

■原因2:ユーサーに物を買ってもらえるホームページの作り方がわからない

ネット販売の本を何冊読んでも、自社の状況に合った具体的なノウハウは書かれていません。
ホームページ運営は経験と検証の賜物ですから、数千円の書籍代だけで貴重なノウハウを公開するわけが無い。

<ノウハウ本を読んだあとは、それを自社の状況に合わせて何度もホームページに反映させて、試行錯誤してください>

制作会社のなかには「儲かるホームページを作ります」という会社はたくさんあります。
サイト運営にかける経費が、年間に数千万円あるというなら、効果はあるとおもいます。
数百万円しかコストをかけられないというなら、たぶん失敗します。

安価な業者に依頼すると、あたりさわりのないショッピングサイトができあがるだけで、ユーザーに購入や申し込みというアクションを起こさせることができません。

普段からユーザーに接する機会があり、ユーザーの生の声や要望を把握している営業マンやサポートスタッフあるいは経営者が、そうしたユーザーの要望をほとんど伝えないで、社内外の制作スタッフに丸投げしてしまうと、単に形だけのホームページができあがってしまうのです。
これは時間のお金の無駄になってしまいます。

他社や類似商品と差別化ができないものを、販売していませんか?

競合他社でも同じような条件でネット販売されていて、自社のホームページで購入する理由がない場合は、売れない場合がほとんどです。

ユーザーの立場に立って考えると、販売条件が同じで、価格もほとんど同じであれば、より信頼できる有名企業で購入するでしょう。
規模が小さく、実績がそれほどないネットショップが、ライバルに負けずに商品やサービスを売るためには、商品そのものの差別化か、ページに掲載する情報やその提供の仕方によって差別化をしなくてはなりません。

取り扱っている商品そのものが差別化できていれば問題ありませんが、すべての会社が自社の強みを活かした商品を販売しているわけではありません。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンにURLアドレスが浸透していますか?

公開してしばらくは、Yahoo!検索やGoogleなどの検索エンジンに、ホームページの中にあるページのごくわずかしか認識されません。

ホームページを作ってSEO対策をしたとしても、ホームページのほとんどのページがしっかりとロボット検索エンジンにインデックスされて(検索サービス側のデータベースに登録されている)、上位表示されるようになるには、およそ3カ月から6カ月くらいかかります。

例えば作ったばかりの不動産会社のホームページの場合、トップページはSEO対策をすることによって「東京十賃貸」というキーワードで上位表示できるのに1カ月くらいかかります。
その一方で、そのほかのサブページが「世田谷区十賃貸」などで上位表示されるには、3カ月以上かかることが多いです。

つまり最も目立つトップページは、比較的短期間に上位表示されるものの、そのほかのページすべてが検索エンジンで上位表示されるには、長い時間がかかるのです。

そのため作ったばかりのホームページでは、なかなか多くのユーザーに見てもらえない結果となるケースがほとんどです。

ここまで紹介した3つの理由により、インターネットに公開した直後では、すぐに期待通りの売上を上げることが困難です。
「オープンしたばかりのホームページは儲からない」という現実を直視し、焦らず、コンテンツ対策を粘り強く続けてください。

以上、公開直後のネットショッピングサイトで反応が起きない原因でした。