シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通販サイトの集客アップに、消費者に検索されているキーワードを予測が必要な理由

ten0086

競合他社のショッピングサイトに負けないために勝負する商材を決めても、そのあとで失敗しないために意識しなければならないことがあります。
消費者が「こんな物が欲しいなぁ」「あれが欲しいけどどこに売ってるかな?」と思ったときに、Yahoo!検索やGoogleなどの検索エンジンを利用して検索する消費者が、どのようなキーワードで検索しているのか、ご存じですか?
ショッピングサイトに来店してもらうためには、この検索ニーズのあるキーワード調査して、予測する必要があるのです。

スポンサーリンク

店長に検索キーワードを調査して欲しい理由

どんなキーワードで検索して消費者はショッピングサイトを訪れているのか?
この調査を怠ってしまうと、例えば単純に「りんご」というキーワードで、上位表示を目指す場合、失敗することになるでしょう。

しかしなぜ失敗するのでしょうか?

インターネットが始まった1990年代は、ホームページの数が非常に少なく、商品やサービスを販売しているネットショップはごく僅かでした。
消費者も「実物を見ないで購入するのは不安」とか、「ネットで購入するって大丈夫なのか」と言った消極的な気持ちのほうが大きくて、インターネットで通販をする人はまだ少ない時代でした。

また、当時は非常に一般的なキーワードで検索しないと、「りんご」を販売しているホームページは見つけることはできません。例えば「りんご」と検索すれば、りんごを研究する学術機関のホームページや、早くからネットでりんごの販売を始めたネットショップや一部の農家のホームページは検索結果の上位に表示されたことでしょう。

しかし、それから10年以上経った現在では、数多くのネットショップや情報提供に特化したホームページが存在し、「りんご」と検索すれば、無数のりんごに関するホームページが表示されるようになりました。

具体的には、Yahoo!検索で、「りんご」というキーワードで検索したときに検索結果1ページ目に表示されるのは、ほとんどが無料情報を提供するホームページです。

一般的な情報が重要視され、販売や勧誘を促す情報は敬遠されている

Googleなど検索エンジンを運営している企業は、つねに「ユーザーが欲しい情報に最適なページを紹介する」という基本姿勢を強めています。

例えるならものすごく詳しい百科事典のナビゲーター的な役割を担っています。
だから検索エンジンで一般的なキーワードで検索すると、詳しい情報を提供しているホームページが上位表示されてしまう傾向にあります。

例えば、りんごという一般的なキーワードで検索している限り、りんごについて詳細に解説するホームページや、りんごを販売している協会のホームページなどが上位表示される傾向にあります。

こうした状況を徐々にユーザーもわかってきているので、近年ますます多くのユーザーが「より具体的なキーワード」で検索するようになってきています。だからホームページに掲載する文章には、より具体的なキーワードを使って上位表示を狙うようにしたほうがいいのです。

消費者ニーズに合った具体的なキーワードを探すには?

具体的なキーワードの候補は、どのように調査したらよいでしょうか?

キーワードを予測するツールはいろいろあります。

そのなかでも最も普及していて、おすすめのツールはGoogle AdWordsキーワードプランナーです。

商品を紹介するためにキーワードを意識したページを制作する時のポイント

りんご農家のAさんは、自分で生産したりんごをインターネットで販売しようと思いました。
扱う商材であるりんごは、長野県産で蜜がたっぷりと入った減農薬のりんごです。

最初に上記のようなりんごが欲しいと思う消費者が、どんなキーワードを入力してくれれば、自分のホームページにたどりつきやすくなるのか? キーワードプランナーで調査してみました。
見つかったキーワードの組み合わせの中から、販売をする勝負ページの目標キーワードを「長野十りんご+販売」と決めました。

絶対に商品を買いたくなる勝負ぺージを作る

次に「長野+りんご+販売」という目標キーワードをテーマにしたページがすでにAさんの既存のホームページのなかにあるかどうかを確認します。
確認して無かった場合は、新規に作成します。

◎キーワードに対応するページが既にある場合は既存ページを勝負ページヘと修正する

キーワードに対応したページがすでにある場合は、少し有利になります。
理由はすでにホームページのなかに「りんご」に関するページがあれば、Yahoo!検索やGoogleのような検索エンジンは、すでにそのページを「りんごに関するページである」と理解をしているため、ちょっとテキストを修正したり、情報を追加するなどのSEO対策をすることで、短期間に上位表示することができます。

◎キーワードに対応するページが無い場合は勝負ページを新規作成する

キーワードに対応したページがない場合、新たに作った勝負ページが検索エンジンに上位表示されるまで時間がかかるので、少し不利になりますが、ホームページ自体の記事を追加する、日常業務を日記風に綴ったブログやりんごのこだわりを語る情報ページを増やしたり、SNSで情報発信するなどをすれば、その不利な状況を補うことができます。
だから思い切って新しいページを勝負ページとして作成しても問題ありません。

以上、通販サイトの集客アップに、消費者に検索されているキーワードを予測が必要な理由でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする