自店の計画(実行プラン)を示すことで営業力がアップする

店長は経営者として、様々な計画を立てていると思いますが、基本的に中期計画・年間計画・月間計画、経営計画・販売計画・仕入計画、数値計画と行動計画などがあると思います。

どれも健全な店舗経営を長く続けるために、必要なものですが、そもそも計画ってなぜいくつも必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

店舗経営に計画はなぜ必要なのか?

店舗では、計画としていろいろなものを使っていると思います。

 

計画=物事を行うにあたっての方法・手順などを決めたもの

計画=何らかの目的を達成するために、将来どのように行動するのかを決めたもの

 

では計画は、何のために作るのでしょう?

計画の大きな目的の一つは、「安心するため」です。

つまり「計画通り進めていけば、ビジョンや目標が確実に達成できる」という安心です。

もし計画が無かったらと、想像してみてください。

なんだか不安になるというか、ないと安心できないと思いませんか。

しかも、店舗運営がその時々で、行き当たりばったりの経営なってしまうでしょう。

計画とは、その内容の一つひとつを実行していけば、自分達の目指すビジョンや目標に導いてくれるものです。

店舗スタッフの自主的な行動を促す

安心できるのは店長だけではなく、店舗スタッフも同様です。計画を着実に実行していけば、自分達もその目標まで到達できる、という自信や安心が得られます。

計画を示しておくと、店舗スタッフ1人ひとりも「いつ、何をしたらいいか」が予めわかる。その都度、指示をしなくても済むようになるし、予め準備も進めておきやすくなります。

計画には、利益計画や販売計画のような数値計画もあるが、月間予定表や週間予定表のような行動計画をしっかり示しておくことも大切です。店舗スタッフの自主的な動きが促進されるようになるからです。