売場で主力商品を効果的に訴求するディスプレイ販促

シェアする

ディスプレイ

スポンサーリンク

主力商品を飛躍的に売るには

陳列方法とPOPを改善するだけで、主力商品の販売個数は飛躍的に伸ばすことができます。
ここでの主力商品とは、自店で一番販売個数が多い、かつ販売金額の多い商品のことを指します。

◎今売れていないものを売りたい場合
店内の商品ごとの売上構成比は「お客様からの支持率」と考えます。
支持率の低い商品を伸ばすには、コストと労力がかかってしまいます。
    ↓↓↓
だから販売金額や個数で、店舗に責献度の高い商品を先に伸ばすこと。
そうすれば店全体の売上に対する影響も、高くなります。

◎一番の商品(主力商品)の商圏内・国内・全世界で「一番」と言える長所を見つけ出し、徹底訴求していく
「一番」の訴求力により、店全体の活性化につなげる。

◎主力商品を伸ばすポイント

①入口からすぐの場所で、第一印象づけを行う
②主力商品POPは「一番」に(大きさ、枚数、設置場所)
③POP以外の販促物や接客などでも、主力商品のアピールを同時に積極的に行う

主力商品の陳列方法

◎店内で最も売れる場所は、入口を入ってすぐの場所。
・最低1メートル四方以上の平台、または横幅3メートル以上の細長い平台などを設置
・主力商品のみを大量陳列する

これで一度に目に入る商品量を多くなり、商品訴求力が高まります。

◎大量陳列に向かない商品の場合。
・平台の上に3~4段のひな壇を設置して陳列

入口付近で大量陳列することにより、入店してすぐの場所で強烈な第一印象を残すことができるため、結果として売れるようになります。

ten0031

更に売上を伸ばすにはPOPが必要

陳列が完成した後はPOPの設置が必要です。
◎入口から見える一等立地に、主力商品と多くのPOPを掲示
主力商品のPOPは、他商品のものよりもサイズをひと回り大きく、枚数も増やし目立たせると効果的。

・全体の売場面積が30坪以上の場合/A3サイズ以上
・それ以下の売場面積/A4サイズ程度

こうすることで、一等立地に陳列された主力商品の販売個数は伸び、つられて店全体の活性化にもつながります。
このように、その店の顔・名物となる主力商品を、売場づくりやPOPで大々的にアピールすることにより、お客様に対し商品を印象づけることができ、集客効果・売上増大が可能となります。

売場で主力商品を効果的に訴求するディスプレイ販促をテーマに書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする