店員スタッフ育成一覧

商品紹介の前にお客様と無駄話で、お互いの警戒心を解く方法

見ず知らずの人がいきなり目の前に現れて「結婚してください」って告白されたら、誰でもびっくりすると思います。 お店の接客も、似たような事があると思いまませんか? なんとなく直感的に来店して、いきなり店員に「どんな商品をお探しですか?」って声をかけられたら、ちょっと嫌な気持ちになりませんか?

スタッフを店舗のファンにするためのコニュニケーション術

コミュニケーションをあまり必要としない人や、人見知りをしてしまう人などでも、同じ職場で必要最低限の会話しかしなければ、ずっと気まずい空気が流れている状態になり、仕事への興味も高まりません。 そんな職場で長く働けるでしょうか? 職場に愛着を持てるでしょうか?

仕事への気持ちや姿勢を共有するクレドツールの作り方

職場で働くアルバイト店員やパート店員、派遣社員にはその店舗の目指しているものや、事業に対する姿勢というものは通常は伝えられないものです。 だから正社員と違って、仕事に対する考えが甘くなったり、勝手な行動を知らずにしてしまったりすることがあります。 でも働く現場の意識が1つになれば売上アップの原動力にもなり、その意識の高まりが職場環境でさえも良い方向に変えていきます。

どうなれば一人前なのか?新人店舗スタッフ定着のための計画的な人材育成

仕事をする上で、一人前って例えると、どのようなレベルになれば一人前と言えるのでしょうか? 一通りの基礎ができれば一人前なのか? 一通りの仕事を経験したら一人前なのか? 設定した売上を上げることができれば一人前なのか?

雇った店舗スタッフが定着する「仕事を楽しく覚えるトレーニング」とは?

現場で教えるスタッフによって教え方や言うことが違ったりして、「成功体験」どころか、逆にコロコロと変わる上司の対応に新人スタッフは悩んでしまいます。 この段階で早期に辞められてしまうと、店舗にとっても求人で費用をかけているだけに痛い出費となります。

スタッフの働く意欲を引き出すインセンティブ制度を取り入れて、スタッフ定着率アップ

スタッフの給料を決め、育成に欠かせない評価制度。しかし、何をどのように評価し、それを反映させていくのかを、適時内容を見なおして更新していく必要があります。定期的な昇給だけでは、計ることができない個人の能力や成果があるということを知っていますか?

社員定着のための方法は働き方の選択肢を広げること

最近は様々な理由で働き方にも多様性があり、経営者はその動きに対応せざるを得ない。従来の働き方に固執していては、社員の流出が収まらず、店舗経営も安定しなくなってしまいます。 では、店舗の社員が気持よく長く務めてもらうためには、どんな環境を整えてあげれば良いのでしょうか?

新人店員を本気にさせる方法、頑張って仕事に取り組む新人教育とは?

新人店員が普通に仕事が楽しめるようになってくると、「自分を頼りにしてくださるお客様をもっと増やしたい」「1日〇〇円売れるようになりたい」「この分野では店でN0.1になりたい」など、「本気」でもっと上を目指したい気持ちが芽生えます。 この段階の店員になると、難易度の高い課題を与えたり、責任ある仕事を任せてみましょう。

スポンサーリンク