店員スタッフ育成一覧

素の自分で接客してお客様から信頼される存在になろう

店舗でがんばって働いているスタッフたちの働きに感謝しつつも、店長は常にスタッフの服装や外見、そしてお客様から受ける印象にも気を配っておかなければならない。 人の出会いは、第一印象で決まると言われます。 来店したお客様が最初に出会った店舗スタッフの第一印象が悪いと、どんなに店舗内が綺麗で魅力があっても、そのお店のファンにはなってくれません。 現代はネットの口コミで、悪い情報はすぐに拡散されてしまいます。

接客の基本となる挨拶の考え方

店舗に新しく入った従業員に、最初に何から教えますか?職場の案内ですか? 従業員の紹介ですか? 職場によって違うと思いますが、やはり基本は挨拶から教えるのではないでしょうか? 最初は先輩に付きながら研修をさせると思いますが、研修中でも現場に立っていると1人で判断して対応しなくてはいけない場面に遭遇することがありますが・・・

「ほうれんそう」を怠るスタッフは接客の信用を失う

社会の一員として働き始めた時に、最初に覚えるのが、挨拶と報連相(ほうれんそう)の大切さではないでしょうか。 特に「報告」「連絡」「相談」をまとめた「ほうれんそう」の重要さは、どんな業界にも共通することで、これがきちんとできないと、店舗スタッフとしても失格となります。

商品紹介の前にお客様と無駄話で、お互いの警戒心を解く方法

見ず知らずの人がいきなり目の前に現れて「結婚してください」って告白されたら、誰でもびっくりすると思います。 お店の接客も、似たような事があると思いまませんか? なんとなく直感的に来店して、いきなり店員に「どんな商品をお探しですか?」って声をかけられたら、ちょっと嫌な気持ちになりませんか?

スタッフを店舗のファンにするためのコニュニケーション術

コミュニケーションをあまり必要としない人や、人見知りをしてしまう人などでも、同じ職場で必要最低限の会話しかしなければ、ずっと気まずい空気が流れている状態になり、仕事への興味も高まりません。 そんな職場で長く働けるでしょうか? 職場に愛着を持てるでしょうか?

仕事への気持ちや姿勢を共有するクレドツールの作り方

職場で働くアルバイト店員やパート店員、派遣社員にはその店舗の目指しているものや、事業に対する姿勢というものは通常は伝えられないものです。 だから正社員と違って、仕事に対する考えが甘くなったり、勝手な行動を知らずにしてしまったりすることがあります。 でも働く現場の意識が1つになれば売上アップの原動力にもなり、その意識の高まりが職場環境でさえも良い方向に変えていきます。

スポンサーリンク