店員スタッフ育成一覧

年上のスタッフが言うことを聞かない!年下の若い店長の悩み解決法

店長としての経験が浅い場合は、年上スタッフに対して上手く指示ができずにいることもあるという。また、若輩者が何を言うかと、反発ばかりして自分のやり方を変えないスタッフもいるでしょう。年上スタッフの中で、どのように振る舞えば打ち解け、協力して店舗を盛り上げることができるのか、1人で悩まずに考えてみましょう。

繁盛店のスタッフは、店長が描く経営ビジョンをきちんと理解している

店長は、将来に対してどんな展望やビジョンを描いているのか? 店舗スタッフであれば、それを知っているだけで、日々の業務上の動き方もかわるはずです。 何よりもスタッフ一丸となって、将来のビジョン実現に向けて店舗を運営するのだという意識が生まれます。そのためにも店長は

店舗スタッフに役割や責任を理解させて、優秀な人材を育てる方法

「スタッフに任せるより自分がやったほうが早くて正確だ」と言って、雑務をしてしまう店長がいます。その逆に、仕事の指示だけをして、フォローもせずに放ったらかしにしてしまう店長も問題があります。 優秀なスタッフを育てるためには、店長がしなければならない指示の方法や考え方を理解する必要があります。

店舗スタッフのストレス管理方法

いつも笑顔で頑張っているスタッフほど、日々のストレスが蓄積している場合があります。 なかなか外見ではわからないので、店長も見過ごしてしまいがちですが、放っておくと突然退職を申し出たり、大きなミスをしたりと、店舗にとって痛手になるような事態になることも・・・。 働いているスタッフは、口には出しませんが、「理解して欲しい」と常に思っているはずですが、店長はその心の声に気づいていますか?

素の自分で接客してお客様から信頼される存在になろう

店舗でがんばって働いているスタッフたちの働きに感謝しつつも、店長は常にスタッフの服装や外見、そしてお客様から受ける印象にも気を配っておかなければならない。 人の出会いは、第一印象で決まると言われます。 来店したお客様が最初に出会った店舗スタッフの第一印象が悪いと、どんなに店舗内が綺麗で魅力があっても、そのお店のファンにはなってくれません。 現代はネットの口コミで、悪い情報はすぐに拡散されてしまいます。

接客の基本となる挨拶の考え方

店舗に新しく入った従業員に、最初に何から教えますか?職場の案内ですか? 従業員の紹介ですか? 職場によって違うと思いますが、やはり基本は挨拶から教えるのではないでしょうか? 最初は先輩に付きながら研修をさせると思いますが、研修中でも現場に立っていると1人で判断して対応しなくてはいけない場面に遭遇することがありますが・・・

「ほうれんそう」を怠るスタッフは接客の信用を失う

社会の一員として働き始めた時に、最初に覚えるのが、挨拶と報連相(ほうれんそう)の大切さではないでしょうか。 特に「報告」「連絡」「相談」をまとめた「ほうれんそう」の重要さは、どんな業界にも共通することで、これがきちんとできないと、店舗スタッフとしても失格となります。

スポンサーリンク