人材育成

スポンサーリンク
人材育成

欲しい人材を集めるために掲載すべき求人広告の選び方

中小企業や店舗経営者の中には、人が必要になったそのときに求人広告を打つという「行き当たりばったりの人事計画」を行っているところが少なくありません。大企業であれば、一年間に使う求人コストをきちんと算出して、計画的に求人広告を打っています。でも規模は小さくても無駄な経費を使うわけにはいかない厳しい社会状況にある中で、「行き当たりばったりの人事計画」は見なおさなければいけません。
人材育成

優良人材の採用力アップのために、企業や店舗経営者が取り組むべきこと

求人広告を出しても経営者が希望するような人材がやって来るとは限りません。 ましてや今のような買い手市場では、次々と浮気されてしまいます。 求められるのは、採用力のアップです。 どうすれば欲しい人材をしっかりと採用できるのでしょうか? 人事担当者や採用担当者が心得なければならないことは、何でしょうか?
人材育成

求人はハローワークが良い!不景気の今だからこそ誰でもできるローコスト採用

「採用コスト0円で年間10名以上の優秀な人材を採用できました」 ハローワークを利用すれば、コスト0円で優秀な人材を採用できます。 今ではWEBでも求人内容が公開され、見た目は若干堅苦しいですが、通常の大手の求人サイトと変わらないぐらいの機能は備えています。 良い人材に出会えないというのであれば、大手の求人会社とハローワークを併用してもいいと思います。
スポンサーリンク
人材育成

年間採用スケジュールを決めて、業績アップし続けるための求人方法

求人する側も求職する側もどのように行動し、どのタイミングでアプローチをかけていけばいいのか、年間を通じて駆け引きが繰り広げられています。 良い人材が集まらないからと言って闇雲に求人広告を出しても、経費が無駄になるだけです。 中小企業や店舗であれば、大企業の隙間を突いて求人するなど、求職者の行動を見据えた採用計画を立てていると無駄がありません。
人材育成

店舗の業績アップを考えた人材の選び方、求人のコツ

求人の内定を出しても数ヶ月後に内定辞退の連絡があり、ガックリきてしまう企業や店舗は増えてきているそうだ。 有力な大企業と違って、中小企業や店舗となると有望な新人や転職者を採用するのが難しい。 ただ昔と違って人は集まりやすいので、そこでしっかりとアピールすることが大切になります。 そして内定を辞退されないためには、企業(店舗)と求職者が求めるニーズとのマッチングが欠かせません。 自社、自店の業績をアップしてくれる人材とは、どんな人なのか?
人材育成

店舗スタッフ教育のためのツールや手法について店長が知っておくべきこと

何度注意しても、アドバイスしても言うことを聞いてくれない、同じミスを何度も犯してしまう、同じ事を何度も聞いてくる。 これは部下を育てている上司がよく言う愚痴ですが、そもそも同じことを何度も言わなければならないというのは、相手が理解していないのと同じです。 そうれあれば、理解してもらえるような工夫をしなければなりません。
人材育成

売れない販売員を、売れる販売員に育てるための方法

自信を持って売れると思って仕入れた商品が、たくさん売れ残っているということがお店の売り場でたまにあります。 その原因を商品力が弱いからと、商品のせいにしてしまう販売員は失格です。 なぜなら、接客する時にひと言プラスするだけで「商...
人材育成

店舗スタッフ育成で大切な事は、具体的な「指示と指導」!

部下やアシスタントを任せているポジションのスタッフから「Aさんは、仕事覚えが悪い、全然できない」とか「言うことを聞いてくれないから、担当を変えて欲しい」などと言われた経験はないですか? どんなに仕事ができて、いつも信頼しているスタッフ...
人材育成

顧客満足度の高い店舗の共通ルールとは?

顧客満足(CS)とは、顧客ニーズを把握し、お客様の立場に立ったサービスを提供し期待に応えていくこと。 そして顧客との関係を大切にし、販売・収益につながる活動を行っていくことです。 店舗経営者である限り、そこには収益性がなければなら...
マーケティング

お客様の「楽しい」「嬉しい」を作り出せるスタッフ育成の秘訣

顧客満足とは、人が商品やサービスを購入するとき、その商品やサービスに感じる何らかの満足感のことです。 お客様は、「これは私が求めていたもの、それ以上の価値がある」と顧客満足を感じたときに商品を購入するとの商売の基本的な考え方です。 ...
スポンサーリンク