人材育成一覧

社員定着のための方法は働き方の選択肢を広げること

最近は様々な理由で働き方にも多様性があり、経営者はその動きに対応せざるを得ない。従来の働き方に固執していては、社員の流出が収まらず、店舗経営も安定しなくなってしまいます。 では、店舗の社員が気持よく長く務めてもらうためには、どんな環境を整えてあげれば良いのでしょうか?

新人店員を本気にさせる方法、頑張って仕事に取り組む新人教育とは?

新人店員が普通に仕事が楽しめるようになってくると、「自分を頼りにしてくださるお客様をもっと増やしたい」「1日〇〇円売れるようになりたい」「この分野では店でN0.1になりたい」など、「本気」でもっと上を目指したい気持ちが芽生えます。 この段階の店員になると、難易度の高い課題を与えたり、責任ある仕事を任せてみましょう。

新人店員を長期間定着させる方法は、仕事が面白いと思わせること

期待して採用した新人店員には、できるだけ長く働いて欲しいと思うのが店長の希望です。 しかし、求人して採用しても短期間で辞めてしまったり、思うような働きをしてくれなかったり、新人店員に関する問題に悩んでいませんか? ちゃんと教えているし、給与も平均賃金よりも高めにしているから不思議だと思っていたら、定着を望むのは難しいかもしれません。

新人教育の要は、「自分にもできそう」「ワクワクする」という気持ちでモチベーションを上げる工夫にある

店長は、新しい店員が自分に自信を持って、イキイキと自店で働き、本気で仕事に取り組めるようになるまでサポートをしてください。 入社したての店員の、最初の心理状況が想像できていますか?

人材育成の基本は新人の初出勤直前が肝心。初出勤前にスタッフに伝えなければならないこと

何も詳しいことが伝えられないまま、いきなり新人が現れると、既存スタッフは慌ててしまいます。最悪の場合は職場内のいじめや、パワーハラスメントに発展しかねません。スタッフ間に変な確執を生むこと無く、気持よく新人を迎え入れられるようにするにはどうすればいいのか?

就職内定者の入社後のギャップをなくすために準備しておくこと

求職者が他社へ逃げてしまわないように、合格を急いで出してしまう。急いで出すから、人材の見極め不足や自社へのマッチング不足が生じてしまう。 採用活動は、ほとんど同じ時期に一斉に動くことがわかっているはずなので、準備期間をきちんととって求人対策をしましょう。

求人対策において、入社前に求職者に伝えるべきこと

書類上では納得していても、実際に面接になった時に予想もしていなかった条件を言われたりすると、今まで抱いていた会社のイメージに疑問を持つようになります。 ずっと期待を持ってもらうためには、何を伝えておくべきなのか?またその伝え方はどうすればいいのか?考えてみませんか。

スポンサーリンク