「 接客の基本 」一覧

「言葉づかい」は接客の基本。店舗のスタッフ教育レベルは常にお客様に評価されている!

日本人の会話には「主語」が無いとよく言われていますが、特に最近の言葉遣いや会話の特徴に「単語による会話」があります。 「飲む?」「コーヒー」という感じで、正しくは、「何か、お飲みになりますか」「コーヒーをいただきます」です。 同様に、「日本の首都はどこですか」に対しては、「東京」ではなく、「東京です」が正しい。 店舗内で顧客とこのような会話で接客をすることはないと思いますが、子供のままの会話を行う大人、普段使いと仕事の境目がわからない大人が増えてきています。 接客時に使う会話は単語で終わらせずに、大人としての会話を行うことが必要です。

飲食店や対面販売でお客様に嫌われない接客方法とは?

店舗で商品を吟味していると、店員がすぐに声を掛けてきたり、しつこくあれこれと聞いてくる場合があります。 こちらはゆっくりと商品を吟味しながら買い物を楽しみたいのに、それを邪魔されたような気分になってお店を出てしまう。放っといて欲しいと思うお客様が増えています。さらにマニュアル通りにしかできない店員の行為が、お客様に不快感を抱かせてしまうこともあります。 飲食店でも、お客様同士で話が盛り上がっているときや、大切な話をしているときに注文を取りに来たり、皿を引き取りに来たり、場の空気を読めない店員に出会うと嫌な気持ちになります。 対面販売や飲食店のオーダー伺いでは、アプローチのタイミングが重要です。

お客様に運命の出会いを感じさせる商品説明術とは?

自分が探し求めていたイメージや用途にぴったり合った商品と出会った瞬間は、とても感激します。 これだけ情報がたくさん飛び交う社会で生きていても、自分が本当に求める商品と出会うことは希なことです。 なぜいつまでもこのようなことが起きてしまうのでしょうか? これは販売店が、お客様の立場で情報を提供していないのが原因です。 「お客様の立場になる」って売る側にとっては当たり前の姿勢です。 でも「その一人のお客様自身の立場になっているか?」 と考えるとどうでしょうか?

それ買います!購入決心を促すクロージングと接客のコツ

購入を迷っているお客様に、あと一歩の一押しをしてあげる接客がクロージングです。 しかしクロージングと聞くと、なんだか押し売りをしているようで・・・と苦手に感じる販売員もいるといいます。 お客様の立場になってみると、迷いに迷って「誰かに決め手欲しい」という強い思いがあるので、販売員の一言を待っている場合の方が多いのです。 自分であれこれ決断するよりも、商品知識が豊富な専門家に背中を押してもらうと、自信を持って商品を購入できるからです。

お客様を不快にさせない接客。店舗の格が伝わる身だしなみ、態度、姿勢とは?

どんな場面でも人と接する場合に自分の身だしなみを気にするというのは、社会人として最低限の心遣いです。 それはお店でも同じ事が言えます。 特にはじめて入るお店は、お客様は何らかの期待をもって第一歩を踏み出します。 その一歩目に映る店員の姿は、店舗の内装以上に大切な接客の基本かもしれません。

接客の基本とは、店員自身の姿勢と態度にあり

お客様がお店に入って店舗スタッフ同士で何か話をしていて、自分に気付いてくれなかったり、何やら内輪で笑っていたりすると自分が笑われているような気持ちになって、その店に興味が無くなり出店していきます。 これでは店舗スタッフが来店客を追い出しているようなものです。 接客の基本とは何なのか? 今一度思い出してしっかりと意識して欲しいと思います。

スポンサーリンク