「 接客の基本 」一覧

店員が行うサービスとは気配りと心配りのホスビタリテイのこと

店員が行うサービスとは気配りと心配りのホスビタリテイのこと

笑顔のサービス、値引きサービス、お届けサービス、お店から提供されるサービスにはいろいろあります。 でも、そこにお客様に対する気配りと、心配りが無ければただのマニュアル応対に終わってしまって、お客様と心が通じ合うことはないでしょう。 店員の接客の原点とは何でしょうか?

効率の良い「接客時間」を考えて、お客様満足度と店舗売上のアップを狙う

効率の良い「接客時間」を考えて、お客様満足度と店舗売上のアップを狙う

店員は接客時間を意識しておかないと、お客様を逃してしまうことになります。 お客様に満足してもらい、かつ店舗の売上アップを狙うというバランスを考えた時間配分をしなければいけません。 あなたなら、接客時間についてどのように考えますか?

お客様に「安心感」を与える接客とは?

お客様に「安心感」を与える接客とは?

もし、商品に不備があったり、店員の態度などによって、このお店は大丈夫かな?とお客様に「不安」を抱かせると、間違いなく売場やお店から遠のきます。 接客や販売では、お客様をいかに安心させるかが重要です。 どうすればお客様に「安心」を感じてもらえるのか? 考えてみませんか?

お客様に忘れられない販売員になるための方法

お客様に忘れられない販売員になるための方法

心のこもったひと言は、間違いなくお客様の心を動かし、そしてお客様の記憶に残ります。その、たったひと言の積み重ねが、間違いなく評価・評判を高めていくことでしょう。マニュアルに書かれているような、ありふれた言葉ではなく、自分の言葉で、お客様と接するようにしてください。

買い物客の心に刺さる。数字のの心理マジックを使った接客方法

買い物客の心に刺さる。数字のの心理マジックを使った接客方法

人の心に影響を与える数字の不思議を利用して、お店の売上アップを狙える方法を伝えましょう。数字は言葉で表現されるよりも具体的で、正確な判断基準になるものとして、私たちは認識しています。 しかし、その数字に翻弄されてしまうのも私たちです。数字の見た目の印象で感じ方が変わったり、物の価値が変化してしまうことがよくあります。

クーポン券などお客様を呼び込む集客券の効果的な配り方

クーポン券などお客様を呼び込む集客券の効果的な配り方

どんなお店でもサービスでも、今ではクーポン券などお買い物を配るのが集客の手法として当たり前になりました。しかしどこでも行うようになった分、他店とどう差別化するかよく考えて配らないと効果がでません。 何のために集客券を配るのか?、どこで誰に配るのかをよく考えましょう。

経営する店舗に対するクレーム対応と活用方法

経営する店舗に対するクレーム対応と活用方法

お客様に愛される人気店ほど、クレームは多くなるものです。 クレームとは、お客様からの苦情の申し立てを、総称してそう呼んでいます。 しかし苦情は期待のないところには発生しないものです。 だからクレームは「お客様からの改善要求」であると考えるといいと思います。

接客に強くなる「お客様の心に応える」対応とサービスマインド

接客に強くなる「お客様の心に応える」対応とサービスマインド

とても丁寧な言葉づかいで、態度もいいのに店員に好感が持てない。 なぜだろうか? 例えば人から誉められたとき、本当は嬉しいはずなのにちっとも嬉しくない。 この2つに共通するのは、言葉に心がこもっていないからです。 言葉に限らず、態度も心がこもっていないものはとても冷たく感じてしまいます。 心の無い芸術作品を見ても、なにも感じる物がないのと同じです。 お店で働く私たちに求められていることは、心のこもった接客なのです。 それをしなれば働いている店舗は死んでいるのと同じです。

イレギュラーに強い店舗の作り方

イレギュラーに強い店舗の作り方

店舗業務の全てをマスターしたからといって経営が自動運転できるわけではありません。 状況は日々変化しています。 そして店舗スタッフは人間、店長も人間ですから、いつ何時何が起きるかわかりません。 お客様のニーズの変化も同じように、変化していきます。 変化というのは変わる様子が見えるわけでは無く、ある日突然イレギュラーな事態としてお店に降りかかってきます。 そんなイレギュラーな事態にどう対応するのか? 日々意識するようにするにはどうすればいいのか?

販売、店舗経営が向上する企画の秘密と8段階の購買心理とは?

販売、店舗経営が向上する企画の秘密と8段階の購買心理とは?

広告や販促や宣伝を企画するときの考え方にAIDMA(アイドマ)の法則というものがあります。 これは人が商品を認知して購入するまでの心理的な動きを表現した言葉の頭文字を集めた造語で、数十年前から普遍的に意識されている概念です。 インターネットが普及してから若干その概念は変わってきていますが、基本的には同じです。 店舗経営でも商品の陳列や、接客中の会話にも活かせるものなのなので、活用していただきたいと思います。

スポンサーリンク