店長の役割

スポンサーリンク
店長の役割

店舗経営の基本は顧客満足・従業員満足にある

関西は昔から商人の町として、商売に長けた商人を多く輩出してきた土地です。松下幸之助をはじめ、現在の日本経済の基盤を築いた企業創業者も多い。その関西にある滋賀県の、商売上手で多くの顧客に強く支持されたことで有名な近江商人は「三方よし」の経営を重んじてきたという。三方よしとは「世間よし」「買い手よし」「売り手よし」のこと。「世間よし」とは、仕入先などと捉えることもできるし、企業を支えてくれている地域や関係者を指していると捉えても良い。
店長の役割

店舗戦略のPDCA

多店舗を有する企業の場合、店舗戦略やコンセプトも複数に分け、マルチブランド政策、別業態展開という形で展開しているケースも多い。 それぞれの店舗に対して、本部が期待していることも違っているから、店長は自分の店舗の「戦略的な位置づけと役割」を知っておくこと
店長の役割

自社の戦略を知り、近隣の競合店に負けない店を経営するには?

今やいろいろな業種・業界で競合が存在する日本。 自分達の店がいくら頑張っていても、競合がそれ以上に頑張って優れた店舗を作り上げていれば、お客様は比較検討し優れた店舗に移ってしまう。だから常に店長は、他店に負けない際立った魅力と、存在感のある店舗を作らなければならない。それには、競合を
店長の役割

自社の強みを伸ばす!店舗のマーケテイング活動

店長自身が自店の強みを認識していないと大変なことになります。 「強みがなかなか見えない」という人も多いかもしれないが、どんな企業、どんな店にもよく探せば何らかの強みがあります。 暗中模索のまま前には進めません。現場のスタッフと協力していけば、必ず強みが見つかるはずです。
店長の役割

売上げが悪い店の店長がすべき行動と役割

店舗での客数減は死活問題です。しかし、客数減を不振原因と見ていては少しも打開策は見えません。 客数を戻そうと無理な安売りをしても、一時的な回復はあっても、セールが終わればお客様はまた離れてしまいます。 ●本当の経営不振の原因は...
店長の役割

チェーン店の店長と本部の関係とは?

一般的に10店舗以上を展開するチェーン店の場合、本部と店舗はそれぞれで業務の分業を効率的に行い、合理的経営を追求することになります。 一般に店舗での作業は複雑でいろいろあるので、無駄が生じやすい。だから1店舗ごとに行うよりも
店長の役割

大型店を経営する店長の役割とは?

核店舗となる百貨店や量販店、テナントの大型専門店などの店長には、小型店の店長とは違った仕事や役割が生じます。比べものにならないぐらいより高いマネジメントカが必要となります。
店長の役割

小型店、専門店の店長の役割

普通に店長と言っても、経営し預かる店舗の規模は実に様々です。 全国的に見て、最もたくさんあるのは小型の小売店や飲食店です。これら専門店店長の役割とは、どういうものだと考えていますか?小型店、専門店の店長は、
店長の役割

店長は店舗と商品を守らなければならない

清掃や整理整頓に取り組むことが、商品の汚れによる値引きロス、万引きの早期発見や予防などにもつながってくるということも意識しておきたい。店舗の管理が悪い店は商品ロス率が高いというのは、
店長の役割

店長の仕事は、業務と人のマネジメント

ほとんどの店舗の店長はプレーイング型の店長が業務を管理していると思います。 プレーイング型とは、店長業務以外の時間は自分でも販売業務か仕入業務に従事しているタイプをいいます。 しかしプレーイング型とはいえ、店長の大切な仕事として
スポンサーリンク