店長の役割一覧

店長は自分の出身部門以外の売場にも目配りが必要

店長に限らず誰でも自分の経験のない部門や、世界への指示は出しにくい。部門の担当者は、それぞれ経験とプライドを持つプロだから、考えようによってはプロに対して指示を与えないといけないという勇気と配慮が必要になります。 店舗全体のあるべき姿を考えて、全体を活かすという発想で物事を考え、店舗の段取りを良くするという目的さえぶれなければ、その部門の経験がなくとも、間違った指示を出すことは少なくなるはずです。

店長は朝礼上手になろう

朝礼は、スタッフの教育という面でも大きな意味を持っています。 朝礼という基本的な教育の場も確保できない企業は、業務に無駄や無理が発生しやすく、業績を向上させることが難しくなり、更に忙しくなっていく悪循環を生みます。

店舗経営の基本は顧客満足・従業員満足にある

関西は昔から商人の町として、商売に長けた商人を多く輩出してきた土地です。松下幸之助をはじめ、現在の日本経済の基盤を築いた企業創業者も多い。その関西にある滋賀県の、商売上手で多くの顧客に強く支持されたことで有名な近江商人は「三方よし」の経営を重んじてきたという。三方よしとは「世間よし」「買い手よし」「売り手よし」のこと。「世間よし」とは、仕入先などと捉えることもできるし、企業を支えてくれている地域や関係者を指していると捉えても良い。

店舗戦略のPDCA

多店舗を有する企業の場合、店舗戦略やコンセプトも複数に分け、マルチブランド政策、別業態展開という形で展開しているケースも多い。 それぞれの店舗に対して、本部が期待していることも違っているから、店長は自分の店舗の「戦略的な位置づけと役割」を知っておくこと

自社の戦略を知り、近隣の競合店に負けない店を経営するには?

今やいろいろな業種・業界で競合が存在する日本。 自分達の店がいくら頑張っていても、競合がそれ以上に頑張って優れた店舗を作り上げていれば、お客様は比較検討し優れた店舗に移ってしまう。だから常に店長は、他店に負けない際立った魅力と、存在感のある店舗を作らなければならない。それには、競合を

自社の強みを伸ばす!店舗のマーケテイング活動

店長自身が自店の強みを認識していないと大変なことになります。 「強みがなかなか見えない」という人も多いかもしれないが、どんな企業、どんな店にもよく探せば何らかの強みがあります。 暗中模索のまま前には進めません。現場のスタッフと協力していけば、必ず強みが見つかるはずです。

チェーン店の店長と本部の関係とは?

一般的に10店舗以上を展開するチェーン店の場合、本部と店舗はそれぞれで業務の分業を効率的に行い、合理的経営を追求することになります。 一般に店舗での作業は複雑でいろいろあるので、無駄が生じやすい。だから1店舗ごとに行うよりも

スポンサーリンク