店長の役割一覧

素早い判断と実行力のある店長は、経営不振の店舗を繁盛店にすることができる

PDCAサイクルを意識しながらトライ・アンド・エラーの連続で、日々挑戦し続けている店長と、現状維持をポリシーにして安定経営を求める店長と、あなたが店舗スタッフならどちらの店長の下で働きたいと思いますか? また、どちらの店舗が展望があると思いますか?

優秀な店長になるためのPDCAサイクルの意味

店長は毎日がトライ・アンド・エラーの連続。 これだけ売上を伸ばしたい、来店客のニーズを的確に捉えたい、店舗スタッフのやる気を引き出したい、など、様々な目標に挑戦しています。 その中で結果の検証と反省、そして改善を効果的に実施していくコツを考えてみましょう。

売上管理と利益確保は、店長自身の数字の変化を敏感に捉える力が試される仕事

経理が苦手な人は、つい売上だけに目が行きがちですが、どんなに売上が高くてもきちんと利益確保ができていなければ健全経営とは言えません。 売上に、経費に目を向けて、そこでどれだけ利益が確保できるのかを常に頭に入れておけば、販売商品の設定や人材配置が効果的にできるようになります。

店長は自分の出身部門以外の売場にも目配りが必要

店長に限らず誰でも自分の経験のない部門や、世界への指示は出しにくい。部門の担当者は、それぞれ経験とプライドを持つプロだから、考えようによってはプロに対して指示を与えないといけないという勇気と配慮が必要になります。 店舗全体のあるべき姿を考えて、全体を活かすという発想で物事を考え、店舗の段取りを良くするという目的さえぶれなければ、その部門の経験がなくとも、間違った指示を出すことは少なくなるはずです。

スポンサーリンク