「 販促物の作り方 」一覧

不景気に当たる値引きチラシは安売りで勝負しない。値引きの理由で勝負する!

不景気に当たる値引きチラシは安売りで勝負しない。値引きの理由で勝負する!

景気が回復傾向にあり、所得もちょっと増えたものの、これまで体験から消費税もあがり先行き不安が消えないのが今の消費者。 当然、消費者の買い物の仕方が大きく変化していくことなります。 消費者は余分なものを買わなくなり、デザインよりも価格に敏感になっています。ある新聞に入ったチラシを見てみると、アパレルのチラシ、スーパーのチ...

不景気時の店舗経営は、後倒しの集客を大切して売上げを維持すること

不景気時の店舗経営は、後倒しの集客を大切して売上げを維持すること

好景気の時は残業が多く給与も賞与も期待できるので、消費者の財布のヒモも緩みがちです。 ボーナスの使い道でも、早めに買い物の計画を立てるので、売り手側も「1ケ月1万円のご負担で、憧れの宝石を身につけませんか」とか、「上得意客様だけの冬の大特招会」など、顧客の購買意欲をかき立てるDMやチラシを6月や12月の第1週に集中して...

既存客の集客を増やすクーポン券活用方法

既存客の集客を増やすクーポン券活用方法

今、来店いただいている既存のお客様を対象とした集客方法として、何か取り組んでいることはありますか? 商圏人口が数十万人と大きいと、従来のような販促チラシの効果は、なかなか期待できません。 そういう場合は、お買い上げいただいたお客様に10%値引きの金券を差し上げるという方法があります。特に導入するときに、有効期間が半年と...

あらゆる集客手法の基本的なコンセプトは「誰に何を販売するか?」

あらゆる集客手法の基本的なコンセプトは「誰に何を販売するか?」

どんなに立派な店舗が出来上がっても、品揃えが豊富でも、そこにお客様を呼び込めなければただの箱です。 昔から集客はあらゆる商売に付きものの課題であり、健全経営のためにはクリアしないといけません。 ただ現代は昔と比べると、集客にかかる費用はかなり安くなっています。 それはネットによる広報が可能になったことが大きいのですが、...

ヴィレッジヴァンガードのような圧縮付加によるお店のにぎわい感の演出方法

ヴィレッジヴァンガードのような圧縮付加によるお店のにぎわい感の演出方法

お店の業績をすぐに向上させたい! どの店長でも、そんな方法があったら教えて欲しいと思うでしょう。 店舗コンサルタントの話に、すぐに業績を向上させるには圧縮付加法を取り入れるといいですよって教えてもらいました。 どういうことなのでしょうか?「圧縮付加法」っていうのは、お店にある現在の商品数は変えないで、売場面積をぎゅっと...

飲食店なら効果的なPOPで来店したお客様の食欲を10倍に刺激できる!

飲食店なら効果的なPOPで来店したお客様の食欲を10倍に刺激できる!

ラーメン屋さん、うどん屋さん、居酒屋、ファーストフード店、ファミレス、回転寿司店などで食事をしようと席に座ったとき、最初に何を見ますか? まず店内をぐるりと眺めつつ、メニューに目を落とすはず。 でもズラズラ~ッと料理名が書かれたメニューを見ても、どれを注文したらいいのか迷ってしまう。 頭の中では、過去に食事をした料理の...

スポンサーリンク