「 マーケティング 」一覧

クーポン券などお客様を呼び込む集客券の効果的な配り方

クーポン券などお客様を呼び込む集客券の効果的な配り方

どんなお店でもサービスでも、今ではクーポン券などお買い物を配るのが集客の手法として当たり前になりました。しかしどこでも行うようになった分、他店とどう差別化するかよく考えて配らないと効果がでません。 何のために集客券を配るのか?、どこで誰に配るのかをよく考えましょう。

集客方法の決め手は、先手・先手を打つこと

集客方法の決め手は、先手・先手を打つこと

 店長であれば毎日の社会動向をテレビやネットニュースなどでチェックしていると思います。 ただし、何を目的にチェックしているのか? という意識の持ちようが集客に影響することご存じですか?「お客様との会話の話のネタに」というのもあるでしょうが、やっぱり目的は集客への意識です。いつもの惰性で店舗を営業しても先細りするだけです...

お客様の「楽しい」「嬉しい」を作り出せるスタッフ育成の秘訣

お客様の「楽しい」「嬉しい」を作り出せるスタッフ育成の秘訣

顧客満足とは、人が商品やサービスを購入するとき、その商品やサービスに感じる何らかの満足感のことです。 お客様は、「これは私が求めていたもの、それ以上の価値がある」と顧客満足を感じたときに商品を購入するとの商売の基本的な考え方です。しかし、多くはお客様相談室を設けたり、お客様の不満を解消する窓口を作ることで終わっているこ...

不景気時の店舗経営は、後倒しの集客を大切して売上げを維持すること

不景気時の店舗経営は、後倒しの集客を大切して売上げを維持すること

好景気の時は残業が多く給与も賞与も期待できるので、消費者の財布のヒモも緩みがちです。 ボーナスの使い道でも、早めに買い物の計画を立てるので、売り手側も「1ケ月1万円のご負担で、憧れの宝石を身につけませんか」とか、「上得意客様だけの冬の大特招会」など、顧客の購買意欲をかき立てるDMやチラシを6月や12月の第1週に集中して...

「好景気」と「不景気」では売れるものが違うことを意識して販売計画を立てる

「好景気」と「不景気」では売れるものが違うことを意識して販売計画を立てる

集客方法をあれこれ考えるのもとても大切ですが、集客する時期が「好景気」と「不景気」とでは、新規参入や販促の方法が違ってきます。 その違いをどう考えますか? 2015年は安倍首相が進めるアベノミクス効果で、日経平均株価も2万円台をキープしています。また海外から日本にやって来る観光客も多くなり、就業率もアップし、日本中が好...

経営する店舗の客単価を上げて売上げをアップする方法

経営する店舗の客単価を上げて売上げをアップする方法

いくら来店客が多くても、1人が購入する金額が少ないとあまり店舗の売上げが上がらず嬉しくありません。 逆に来店客が少なくても、1人が使う金額が大きいと、十分お店の経営は成り立ちます。今は中国人を代表とする海外からの爆買いツアーが注目されてますが、彼らはお店のファンではなく、たまたま訪れた客に過ぎません。 大型店舗やチェー...

経営店舗に今より客数を増やす方法を考えていますか?

経営店舗に今より客数を増やす方法を考えていますか?

経営店舗に今より客数を増やす方法を考えていますか?例えば、新しいお店ができた時を想像してみてください。 ある店舗がロードサイドにオープンして1ケ月が経ちました。 経営状況を見てみると、目標売上高より少なく、客数を調べてみると、客数が当初想定より少なく苦戦しています。 このような場合、どうすればよいのでしょうか?原因と対...

売上高と来店客数の変動を気にしながら、売上げを増やすために行うことは?

売上高と来店客数の変動を気にしながら、売上げを増やすために行うことは?

店舗の売上高を見る時、どのようなことに心がければよいだろうか。 この時、最初に売上高を客数と客単価に分けて、考えてみることが大事です。売上低下の原因は、来店客数か、それとも客単価か?例えば、ショッピングセンター(SC)や、駅ビルの中に入っている専門店と仮定しよう。<ショッピングセンター、駅ビルの来客数が落ちている場合>...

集客対策の見直しは、来店客数を既存客と新規客に分けて考えてみること

集客対策の見直しは、来店客数を既存客と新規客に分けて考えてみること

お店に1日あたり何人来店してくれているか、普通はまとめてだいたいの人数を把握していると思います。 しかし「客数=既存客+新規客」というふうにいつも来店するお客様と、新たに来店してくれたお客様に分けて考えると、見えてくるものがあるといいます。2つに分けることにより、店長が店舗の集客に対して、何をしなければいけないかが明確...

客数アップの決め手は、繁盛店のルール

客数アップの決め手は、繁盛店のルール

従来、客数アップというと、どうしても販促や値引きをして集客をする傾向があります。 実は集客のできているお店をいろいろ調べてみると、共通点があることがわかります。それは「繁盛店」であること。 もう少しわかりやすくいうと、「繁盛店=集客のできている店舗」だということです。集客に必要なことをルール化すると次のようなことがわか...

スポンサーリンク