売上計画の立て方一覧

繁盛店が年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由

計画が長期に渡ると、必ず起きるのが「中だるみ」です。 緊張感が無くなったり、業務に慣れが生じて、作業効率が悪化したり、業務上のミスが増える状態になります。 ただし、それは経営者や店舗スタッフが悪いのではありません。誰がやっても中だるみ現象は起きることなのです。 そこでお勧めしたいのが、3ヶ月先行計画です。

繁盛店の店長が知っている、計画や施策の修正プランを即決定、即実行する行動力の秘密

計画したことを実行する際は、検証しながら行うのが期待する成果を実現する秘訣です。 では検証した時に「修正」すべき点を、どのような観点で見つけるといいのでしょうか? 修正案を実行するのもスピードが必要ですが、後回しにしたり、ダラダラと検証が長引くと繁盛店になる機会を逃します。

円滑な店舗営業のために年間52週の販促プランを立てる方法

商売の原則と言えば何か? それは、「適時(お客様が欲しい時に)」「適品(欲しい商品・サービス)」を提案することです。特に「お客様が欲しい時」のタイミングを逃すと、売れるものも売れません。 どのタイミングでお客様に商品を提案すればいいのでしょう?その計画の立て方を考えましょう。