リスク管理一覧

トレーサビリティと情報開示は、信頼される繁盛店には欠かせない条件

食品の安全性が問われるようになってから、特に原材料管理から賞味期限の管理などが重視されています。 生産地を偽って販売する業者もいたり、しばしば事件としてニュースに取り上げられることもあります。 書品を販売する店長は店舗の健全経営のために、来店客の信頼を裏切らないために、安全と安心を提供する必要があります。では、流通面からもお客様に支持されるような店舗経営とは?

店舗経営の事故犯罪を防止する、店長のためのリスク管理と風土づくり

あの時、きちんとリスク管理をしておけば良かった・・・でも、起きてからでは遅いのです。 店舗に何か起きた時、インターネットを通じて情報の拡散も早くなっているから、昔に比べると店舗への風評被害など、損害も大きくなる可能性がある。 店長は肝に銘じてリスク管理をする必要がありますが、何をどうすればよいか?あなたは理解していますか?

店長のための店舗経営に関するリスクマネジメントとは?

店長はこれから起きるかもしれない様々なリスクに対して、どう行動すればよいのか? 何を準備したほうがよいのか?ということを毎日考えていると思います。 売上など経理的なことや人材確保問題もあれば、万引きなどの犯罪対策や、天災などへの対策、店内外で起きる事故、自分自身の健康や生活環境の問題など、いつ何が起きても動じないように、出来る限り万全の対策をしておきたいものです。

商圏分析で繁盛店になるチャンスを見つける方法

店長!自分の経営する店舗は、地域の人々に長年愛されているから、今後も安定した利益が見込めるだろうと安心していませんか? もし店長が経営する店舗がある商圏内で、大型ショッピングモールができたり、競合店が現れると人々はそちらのほうに流れるでしょう。 しかし、厳しい環境の中で成長を続けている店舗があります。その秘密は・・・

経営する店舗に対するクレーム対応と活用方法

お客様に愛される人気店ほど、クレームは多くなるものです。 クレームとは、お客様からの苦情の申し立てを、総称してそう呼んでいます。 しかし苦情は期待のないところには発生しないものです。 だからクレームは「お客様からの改善要求」であると考えるといいと思います。

イレギュラーに強い店舗の作り方

店舗業務の全てをマスターしたからといって経営が自動運転できるわけではありません。 状況は日々変化しています。 そして店舗スタッフは人間、店長も人間ですから、いつ何時何が起きるかわかりません。 お客様のニーズの変化も同じように、変化していきます。 変化というのは変わる様子が見えるわけでは無く、ある日突然イレギュラーな事態としてお店に降りかかってきます。 そんなイレギュラーな事態にどう対応するのか? 日々意識するようにするにはどうすればいいのか?

スポンサーリンク