「 リスク管理 」一覧

商圏分析で繁盛店になるチャンスを見つける方法

商圏分析で繁盛店になるチャンスを見つける方法

店長!自分の経営する店舗は、地域の人々に長年愛されているから、今後も安定した利益が見込めるだろうと安心していませんか? もし店長が経営する店舗がある商圏内で、大型ショッピングモールができたり、競合店が現れると人々はそちらのほうに流れるでしょう。 しかし、厳しい環境の中で成長を続けている店舗があります。その秘密は・・・

経営する店舗に対するクレーム対応と活用方法

経営する店舗に対するクレーム対応と活用方法

お客様に愛される人気店ほど、クレームは多くなるものです。 クレームとは、お客様からの苦情の申し立てを、総称してそう呼んでいます。 しかし苦情は期待のないところには発生しないものです。 だからクレームは「お客様からの改善要求」であると考えるといいと思います。

イレギュラーに強い店舗の作り方

イレギュラーに強い店舗の作り方

店舗業務の全てをマスターしたからといって経営が自動運転できるわけではありません。 状況は日々変化しています。 そして店舗スタッフは人間、店長も人間ですから、いつ何時何が起きるかわかりません。 お客様のニーズの変化も同じように、変化していきます。 変化というのは変わる様子が見えるわけでは無く、ある日突然イレギュラーな事態としてお店に降りかかってきます。 そんなイレギュラーな事態にどう対応するのか? 日々意識するようにするにはどうすればいいのか?

繁盛店になるためには、お客様の声に敏感になろう

繁盛店になるためには、お客様の声に敏感になろう

お客様の顕在的または潜在的な不満や要望を知るお客様の最大限の満足を引き出すために大切な事は、お客様のニーズやウォンツを捉えること。なぜなら、どの店も地域に根ざした商売に取り組んでいくしかないからです。これは店舗がチェーン店であろうと個店であろうと関係はありません。そして地域に根ざす商売の最終目標は、地域でなくてはならな...

店長の心得としてのクレーム対応の基本

店長の心得としてのクレーム対応の基本

カスタマー・イズ・ア・ボス(お客様は神様です)お客様の声に積極的に耳を傾けると、案外不満やクレームが多いことに気がつきます。逆に不満やクレームがあるのが当たり前で、「当店は不満やクレームがあまりないですよ」という店舗は、お客様の声に耳を傾けていないのではないでしょうか。どんな一流の店でも、365日完壁に店舗運営に取り組...

スポンサーリンク