「 利益と管理 」一覧

粗利額を増やすための店舗経営法

粗利額を増やすための店舗経営法

最も大切な数値は、粗利益だということをわかっていますか? 粗利益の数値が増えていれば、店舗経営が上手に上向いていると言えますが、売上高が増えて粗利益額が減少していれば、経営にイエローカードがでているという状態です。 日々の売上高に一喜一憂する中で、この見落としがちな粗利益について考えてみましょう。

店舗の現状分析から経営目標の仮説を立てる方法

店舗の現状分析から経営目標の仮説を立てる方法

実用的な仮説を立てることができる人は、現状分析能力も優れています。 今、自分が経営する店舗がどのレベルにあり、課題は何かを的確に答えることができることが経営には大切なスキルとなります。 では現状把握、現状分析は何を、どのようにすればよいのでしょうか。

「安易な値引き」と「利益確保」に走れば店舗経営は破綻する?

「安易な値引き」と「利益確保」に走れば店舗経営は破綻する?

本来は店長が選りすぐった商品の品揃えの魅力で、消費者を引き寄せたいのに、それが価格でしか引き寄せられなくなると、値引き販売をしていない通常時は、客数が少なく売上も少ないという事態に陥る可能性があります。 店長は、常に安易な値引きに走らずに、利益を確保できる、継続して売上が増加するような戦略的な値引きを行う必要があります。

店舗の営業利益を高めるための経費管理のアイデア

店舗の営業利益を高めるための経費管理のアイデア

店長は店舗の運営持続のために、無駄な経費はどこかになるのではないかと、日々目を光らせていると思います。 しかし、削ることにばかり神経を使っていては、本来見通さないといけない営業目標がぼやけてしまいます。 経費節約はとても大切なことですが、未来へ向けた投資も大切なことに変わりがありません。 将来さらに店舗が進化して発展する考え方とは?

人件費の赤字を無くす入時生産性と労働分配率の考え方

人件費の赤字を無くす入時生産性と労働分配率の考え方

人件費を節約するために、人材を減らしたり、セルフサービスなどを取り入れて作業自体を減らしたり、様々な工夫をしていますが、人件費のコントロールを誤ると、店舗自体の存続が危うくなる可能性があります。 人件費のコントロールは、数値では測れないマインドのコントロールも含まれるだけにとても難しいものです。

店長のための損益計算書の見方とは? 結果と原因の法則

店長のための損益計算書の見方とは? 結果と原因の法則

数字の管理は苦手だからと、大まかな判断と自分の感覚だけで店舗経営していると、破綻してしまうかもしれません。 店舗をどのように発展させるべきか?必要なことは何か?何が足りていないのか?向かうべき方向性は間違っていないのか?など、現実的な数値から様々な経営方針を検証し、実行することができてはじめて、健全経営と言えるのではないでしょうか?だから店長自身が「損益計算書」を読み解く能力がなければなりません。

店長のための「必要な利益確保のための販売計画」と損益分岐点から導く店舗経営術

店長のための「必要な利益確保のための販売計画」と損益分岐点から導く店舗経営術

店長、今期の売上計画をどのような考えで作っていますか? 健全な店舗経営のためには、店長の趣向だけで商品を仕入れて売るわけにはいきません。 そこには「利益の確保」という明確な目的があるからです。 売上目標にたいして、どのような販売計画を立てるかを、どう考えていますか?

「在庫」と「原価」と「粗利益」の関係を知って商品ロスを減らそう

「在庫」と「原価」と「粗利益」の関係を知って商品ロスを減らそう

サービス業ならあまり気にしないことですが、何か「物」を販売している店舗では「在庫管理」や「商品の仕入れ」のバランスをコントロールすることがとても重要です。 しかし、どんなに商品管理を完璧にしても、商品ロスは別の要因で起きることがあります。 多くは内部不正(店員や納入業者による不正や伝票ミスなど)と、万引きだといいます。 いかに商品ロスを減らして、健全な店舗経営をしていけばいいのか、その基本を考えてみましょう。

売上管理と利益確保は、店長自身の数字の変化を敏感に捉える力が試される仕事

売上管理と利益確保は、店長自身の数字の変化を敏感に捉える力が試される仕事

経理が苦手な人は、つい売上だけに目が行きがちですが、どんなに売上が高くてもきちんと利益確保ができていなければ健全経営とは言えません。 売上に、経費に目を向けて、そこでどれだけ利益が確保できるのかを常に頭に入れておけば、販売商品の設定や人材配置が効果的にできるようになります。

スポンサーリンク