経営経理

スポンサーリンク
利益と管理

店長や店舗経営者が知るべき利益の構造とは?

お店を経営しているなら、常に損益計算をしながら日々を過ごしていると思う。 開業して間もないなら、つい営業利益、売上の総額だけに目がいってしまいがちです。 でも単に「利益」と言っても、その意味を知っておかないと経営戦略を立てるにも無駄なことをしてしまいそうです。
利益と管理

売上管理と利益確保は、店長自身の数字の変化を敏感に捉える力が試される仕事

経理が苦手な人は、つい売上だけに目が行きがちですが、どんなに売上が高くてもきちんと利益確保ができていなければ健全経営とは言えません。 売上に、経費に目を向けて、そこでどれだけ利益が確保できるのかを常に頭に入れておけば、販売商品の設定や人材配置が効果的にできるようになります。
リスク管理

経営する店舗に対するクレーム対応と活用方法

お客様に愛される人気店ほど、クレームは多くなるものです。 クレームとは、お客様からの苦情の申し立てを、総称してそう呼んでいます。 しかし苦情は期待のないところには発生しないものです。 だからクレームは「お客様からの改善要求」であると考えるといいと思います。
リスク管理

イレギュラーに強い店舗の作り方

店舗業務の全てをマスターしたからといって経営が自動運転できるわけではありません。 状況は日々変化しています。 そして店舗スタッフは人間、店長も人間ですから、いつ何時何が起きるかわかりません。 お客様のニーズの変化も同じように、変化していきます。 変化というのは変わる様子が見えるわけでは無く、ある日突然イレギュラーな事態としてお店に降りかかってきます。 そんなイレギュラーな事態にどう対応するのか? 日々意識するようにするにはどうすればいいのか?
ネットショップ成功法則

ネットショップ、実店舗の年間販促スケジュールと販促予算の考え方

ずっと以前から商売をやるなら年間販促スケジュールを立てるほうが、無駄がなく経営もやりやすいと言われています。 特に季節に左右される商品を扱っているなら、それは常識だと思います。 その他にも消費者にとって魅力ある店舗にするために...
マーケティング

経営する店舗の客単価を上げて売上げをアップする方法

いくら来店客が多くても、1人が購入する金額が少ないとあまり店舗の売上げが上がらず嬉しくありません。 逆に来店客が少なくても、1人が使う金額が大きいと、十分お店の経営は成り立ちます。 今は中国人を代表とする海外からの爆買いツアーが注...
リスク管理

繁盛店になるためには、お客様の声に敏感になろう

お客様の顕在的または潜在的な不満や要望を知るお客様の最大限の満足を引き出すために大切な事は、お客様のニーズやウォンツを捉えること。なぜなら、どの店も地域に根ざした商売に取り組んでいくしかないからです。これは店舗がチェーン店であろうと個店であ...
リスク管理

店長の心得としてのクレーム対応の基本

カスタマー・イズ・ア・ボス(お客様は神様です)お客様の声に積極的に耳を傾けると、案外不満やクレームが多いことに気がつきます。逆に不満やクレームがあるのが当たり前で、「当店は不満やクレームがあまりないですよ」という店舗は、お客様の声に耳を傾け...
利益と管理

人件費コントロールを考えた入時管理は可能ですか?

人件費の増減が店舗の利益に直結する一般に小売業の粗利益率は、そう高いものではない。低い業種では15%前後、高くても50%程度。平均30%というところだろう。こうして獲得した粗利益の中から経費を支払い、利益を残していきます。どこの店舗でも、利...
スポンサーリンク