「 経営経理 」一覧

ネットショップ、実店舗の年間販促スケジュールと販促予算の考え方

ネットショップ、実店舗の年間販促スケジュールと販促予算の考え方

ずっと以前から商売をやるなら年間販促スケジュールを立てるほうが、無駄がなく経営もやりやすいと言われています。 特に季節に左右される商品を扱っているなら、それは常識だと思います。その他にも消費者にとって魅力ある店舗にするために、年間販促企画は必須だと思います。 世間の話題の種を誰よりも先に拾って、競合ライバルより先に動き...

経営する店舗の客単価を上げて売上げをアップする方法

経営する店舗の客単価を上げて売上げをアップする方法

いくら来店客が多くても、1人が購入する金額が少ないとあまり店舗の売上げが上がらず嬉しくありません。 逆に来店客が少なくても、1人が使う金額が大きいと、十分お店の経営は成り立ちます。今は中国人を代表とする海外からの爆買いツアーが注目されてますが、彼らはお店のファンではなく、たまたま訪れた客に過ぎません。 大型店舗やチェー...

繁盛店になるためには、お客様の声に敏感になろう

繁盛店になるためには、お客様の声に敏感になろう

お客様の顕在的または潜在的な不満や要望を知るお客様の最大限の満足を引き出すために大切な事は、お客様のニーズやウォンツを捉えること。なぜなら、どの店も地域に根ざした商売に取り組んでいくしかないからです。これは店舗がチェーン店であろうと個店であろうと関係はありません。そして地域に根ざす商売の最終目標は、地域でなくてはならな...

店長の心得としてのクレーム対応の基本

店長の心得としてのクレーム対応の基本

カスタマー・イズ・ア・ボス(お客様は神様です)お客様の声に積極的に耳を傾けると、案外不満やクレームが多いことに気がつきます。逆に不満やクレームがあるのが当たり前で、「当店は不満やクレームがあまりないですよ」という店舗は、お客様の声に耳を傾けていないのではないでしょうか。どんな一流の店でも、365日完壁に店舗運営に取り組...

人件費コントロールを考えた入時管理は可能ですか?

人件費コントロールを考えた入時管理は可能ですか?

人件費の増減が店舗の利益に直結する一般に小売業の粗利益率は、そう高いものではない。低い業種では15%前後、高くても50%程度。平均30%というところだろう。こうして獲得した粗利益の中から経費を支払い、利益を残していきます。どこの店舗でも、利益が残るように上手に経費をコントロールしています。この経費の中でウエイトの大きい...

スポンサーリンク