繁盛店が年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由

シェアする

年間計画を立てる

大きな目標を成功させるためには、それなりの長い期間が必要になります。

しかし計画が長期に渡ると、必ず起きるのが「中だるみ」です。

緊張感が無くなったり、業務に慣れが生じて、作業効率が悪化したり、業務上のミスが増える状態になります。

ただし、それは経営者や店舗スタッフが悪いのではありません。
誰がやっても中だるみ現象は起きるものです。

そこでお勧めしたいのが、3ヶ月先行計画です。

スポンサーリンク

長期計画を停滞させない3ヶ月先行計画の必要性

店長にとって最も実戦的な計画づくりは、3ヶ月先行計画だと言われています。

店舗の営業計画の責任者である店長は、常に3ヶ月先の計画を考える必要があります。

現代はインターネットのお陰で、技術進歩や情報の拡散や退化が早くて、1年後に生活環境がどう変化しているか?なんて正確な予測は誰にもできませんし、予測しにくい状況になっています。

社会は目まぐるしく変化し、気候変動などによる生活環境の変化もあり、その都度お客様のニーズは変わります。

だから半年や1年先の計画では、不確定要素が多くて、具体的に何を仕入れて、どう売ればいいのか?誰に売ればいいのか?具体化するのはマーケティングの専門家でもとても難しいことです。

かと言って、直近の翌月の計画では、準備期間が十分に取れず、実行可能なことも限られてしまう。これでは何も変わりません。

しかし、3ヶ月ならどうでしょうか?

3ヶ月先の計画であれば現状の変化を見ながら、お客様の変化に合わせた最適な企画などを組むことが可能です。

準備期間もちょうどよく、細かく組み立てることができます。

年間計画は作成する必要がありますが、やはり状況がどんどん変わってくるので、この3ヶ月先行計画で修正していくと良いと思います。

3ヶ月先行計画は四半期ごとに作成する

3ヶ月先行計画はいつ、どのようなサイクルで作成すればいいと思いますか?

それでは、年間を4期に分ける四半期という考え方はどうでしょうか?

ちょうど3ヶ月で分割できるので、ぴったり合います。

ファッションなどの流行や季節に左右される業種の店舗では、この四半期(実際には春夏秋冬の4シーズンという捉え方)に合わせて、仕入、販促、売場を計画していくやり方が定着しています。

流行を先取りしないといけない業種では、最低でも3ヶ月先を予測して計画を立てないと、間に合わないからです。

この四季という捉え方は、日本独特の流通サイクルとも言えて、ほとんどの業種で適用できます。

だからこの四半期に合わせて、3ヶ月間の営業計画を立てるのが最も有効です。

■3ヶ月先行計画と年間計画との連動

年間計画の役割とは?

年間計画では、年間目標の明確化、具体的戦略・戦術の立案、そして四半期ごとの大まかな実行スケジュールの立案を行います。

四半期計画の役割

四半期ごとの計画の最も重要な点は、年間計画で作成した、目標達成のための戦略・戦術をより目一ハ体的な実行計画に落とし込むことです。

例えば、

年間目標では、スタッフのマーケティング能力の向上。

年間計画では、マーケティング勉強会の実施や繁盛店舗見学会の実施など。

四半期計画では、4月5月6月第三土曜日8時〜9時半にマーケティング勉強会開催し、さらに5月21日(木)アウトレット見学会を行うなど。

このように、年間計画と連動した落とし込みをするのに大変有効です。

このような計画は前月に立てていたのでは、準備不足で上手くいきません。

成果は前準備で8割決まる

計画が成功するかどうかは、前準備で8割決まると言われます。

事前に四半期計画ができていれば、十分な準備が可能であり、より精度の高い実行計画を作成できます。

さらに関係する店舗スタッフへの周知も十分可能になり、店舗営業の士気もあがります。

以上、「年間計画の成果を高める3ヶ月先行計画を立てる理由」でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする